覚えていますか? ハマトラの可憐な少女

横浜市 元町 、港の見える丘公園

ハマトラ
ハマトラ

 ハマトラと聞いて自分の学生時代を思い出しニヤリとすると自分の年齢がばれてしまいそう(苦笑)。1980年前後、全国の女子大生や女子高生の間で大流行したハマトラ・ファッションの発信地は横浜であることは名前の通り(ヨコハマ・トラディショナル)でよく知られています。でも、ハマトラ・ファッションが全国区になっていくときに少しずつその姿を変え、本来のハマトラってなに?と聞かれた時、実はよく知らない人が多いんですね。

 

 ハマトラの発祥は、横浜元町に始まったんです。そばにある有名なF女子大の学生たちが元町のファッションとして流行させたのがきっかけでした。フクゾーの上下(七分袖、ベスト、巻きスカート)、キタムラのバッグ、ミハマの靴はハマトラの三種の神器と言われたほど定番中の定番ブランドでした。もう30年近く過ぎ去ろうとしている今、当時のハマトラを再現してみました。撮影に向かった横浜元町や港の見える丘公園は、やっぱりハマトラファッションが最も似合います。こうして見ていると30年前にタイムスリップしたような気がします。シャッターを切りながら、自分はあのときの学生時代に戻っていました。

 

 元町から港の見える丘公園は、歩いて10分ほどの近くにあります。撮影日は寒さはあったものの日差しが柔らかく降り注ぎ、とても気持ちの良い日でした。30年ほど前には、そこかしこにハマトラファッションの女の子が散策していたのだろうなと思うと感慨深いです。

 

 肝心の港はすっかり様変わりしていました。みなとみらいにベイブリッジ。夜はライトアップされて昔とは違う情緒豊かな景色を見せてくれます。ハマトラはどこへ消えてしまったんだろう?その名残は形を変え息づいていました。女子高生たちのチェックのスカートにその流れを見ることが出来ます。実際にハマトラをこうして見るとシンプルでオーソドックスなのですが、当時ハマトラを競って着ていた女の子たちと年齢的に同じ恵美さんが着こなすと、とても可憐で可愛らしく清楚な雰囲気を醸し出して、ファインダー越しに思わずその姿に見入っている自分がいました。

[撮影者]

 

<<前へ                                次へ>>

 

XScaleフリークサイトエミオミ写真館より

撮影気材: Canon EOS 5D MarkII;

EF24-105mm F4L IS USM, EF70-200mm F2.8L IS USM

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
ITmedia人気iPhoneアプリ