Kamakura - Ajisai... in June

紫陽花と梅雨を鎌倉に求めて。

長谷寺
長谷寺

かねてより撮りたい写真がありました。それは梅雨の時期に咲く紫陽花(あじさい)です。そしてやはり紫陽花とくれば鎌倉でしょう。高校生の頃、梅雨の時に北鎌倉でヘンリー・ムーア展を見に行ったのですが、梅雨の雨に濡れた小道とその両側に咲き乱れた民家の紫陽花が今でも美しすぎる光景として記憶に残っています。梅雨に濡れて白く光る小径には人影もなく、静まりかえった景色には紫陽花の花と緑。そして垂れる雫がひとつひとつ淡い光を放っている景色は、確かに日本の象徴的な和の風景でした。

 

そのイメージを今度はポートレートに焼き付けようと恵美さんを連れて鎌倉へ出かけました。 意気揚々と撮影を始めたまではいいのですが、やはり雨の中での撮影は困難を極めました。あじさい寺で有名な名月院まではよかったのですが、長谷寺へ移動したとたん本降りの雨。梅雨なんだからもう少しシトシト降って欲しかったのに本気の雨です。いくら防滴加工をしたカメラ・レンズとはいえ、所有しているEOS 5D MarkIIは防滴もあまり本格的ではありません。そこに全体がびしょ濡れになるほどの雨です。結局這々の体で退散つかまつることになりました。

 

雨は上がったけれど再び長谷寺に戻る気にもなれず、二人で由比ヶ浜に出てみました。風が少し強く日暮れ時だったのでオマケ程度の写真しか撮れていません。必ずリベンジすると心に誓いました(苦笑)  (撮影者)

 

<<前へ                                 次へ>>

 

撮影機材: Canon EOS 5D MarkII;EF24-105mm F4L IS USM

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
ITmedia人気iPhoneアプリ