Nagatoro and SL

長瀞渓谷と C58 SLパレオ・エクスプレス

おばあちゃん家の夏
おばあちゃん家の夏

小学生の時、遠足か何かで秩父(埼玉県)の長瀞というところに行った記憶が残っていました。それまでいつも見ていた悠々たる流れの荒川は、長瀞では山は険しく流れは速く荒々しくて、それがとても新鮮な気持ちになったことを覚えています。

 

その記憶を頼りに、長瀞ならば東京から近くて渓流の冷たい水に足を浸して少しでも涼しい気持ちになれたら幸せかな~なんて思いながらクルマを飛ばしました。ところがこれほど記憶なんて不確かなことはないと思い知らされるまでそれほど時間はかかりませんでした。

 

確かに長瀞は山に囲まれたところにありましたが、その山というのが全然険しくない上に、涼しさなんて全くないというか東京よりも蒸し暑いのです(泣)川の周りには岩々がそそり立ってはいましたが川の水量は豊富で渓流ではありません。それでもとにかく目的の撮影をしなきゃと恵美さんと準備を始めたのですが、とにかく暑くて二人とも撮影前に汗だくになってしまいました。湿度も高く、河岸一帯だけが熱気のるつぼ状態でした。そんなわけで数十カットを撮っただけでやむなく撤退です。写真からも暑さで上気した表情がおわかりになると思います。

 

引き上げて服は汗でびっしょりだったのですが、長瀞駅まで戻ってきたとき、なんと駅には秩父鉄道で休日などに運行している、旧国鉄の蒸気機関車C58型、パレオ・エクスプレスが停車していました。これは撮らないわけいかないでしょう!と鉄ヲタココロがムクムクと起き上がり、ホーム脇の道路を歩いて線路脇に行きました。

 

なかなか発車しないのでおかしいなと思っていたら、どうもこの暑さでポイントが故障してしまったようでした。それも何とか手動で動かし、SLが懐かしい汽笛を上げながら目の前を通り過ぎたときには暑苦しさは吹き飛んでいました。恵美さんもSLは初めて見たとのことで興奮してカメラのシャッターを切っていました。またその間も旧国鉄近代電車の祖でオレンジ色の中央線や黄色の総武線などの記憶がある旧国鉄101系通勤電車が通り過ぎるなど、レトロ鉄道を見て長瀞の欲求不満を穴埋めしたのでした。

 

そして駅前の食堂でかき氷を恵美さんと一緒に食べましたが、これが最強に美味しかったです。

 

<<前へ                                次へ>>

 

撮影機材: Canon EOS 5D MarkII;EF24-105mm F4L IS USM

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
ITmedia人気iPhoneアプリ