National Park -1

爽やかな海風を浴びながら

木漏れ日のなかで
木漏れ日のなかで

猛暑がやっと過ぎ去り、季節はだんだん秋へと模様替えを始めたある日、僕らは茨城にある国営ひたち海浜公園へ行ってきました。

 

国営ひたち海浜公園は自然のありのままを残しながら、海からの爽やかな風を浴びて散歩したり遊んだりすることの出来る、とても大きな公園です。北関東自動車道を使うと一本で来れますから、群馬や栃木にお住まいの方々にも大変便利で楽しめる自然公園です。

 

この公園は元はというと、戦後米軍が広大な土地を摂取して射撃・爆撃訓練に使用していた水戸射爆場が返還されたことで、その跡地を国が整備して公園として開放することになったそうです。今からざっと30年余り前のことです。射爆場跡地っていうと、ひょっとして不発弾の一つや二つくらい埋まっていそうな気もしますが(笑)、まあ立ち入り禁止区域に入らなければ大丈夫でしょう。

 

広さはというと、東京ディズニーランド(TDL)の5倍もの面積があるのだそうですが、開放区域はそのうちの半分くらいなのだとか。それでも広いです。めちゃくちゃ広いです。半日では半分くらいしか楽しめません。公園内はよく整備されていて、四季折々の花を楽しませてくれたり、見渡す限りのお花や緑は私達の心を十分癒してくれます。公園内には遊園地のような設備もありますが、この公園はむしろ自然を楽しみ、新鮮な空気を思い切り吸い込み、美しい花々で目を潤すというような楽しみ方が最も似合っていると思います。

 

秋と言ってもまだ日差しは強く、紫外線が少し気になる恵美さんでしたが、久しぶりに自然の中で癒されて、表情もとても穏やかに撮影することが出来ました。

 

<<前へ                                 次へ>>

撮影機材:Canon EOS 5D Mark III / EF24-105mm F4L IS USM

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
ITmedia人気iPhoneアプリ